【たった2円!?】ハバナ空港〜市内までをローカルバスで行く方法を解説します!

【たった2円!?】ハバナ空港〜市内までをローカルバスで行く方法を解説します!

ハバナ空港(ホセ・マルティ国際空港)からハバナ市内(セントロハバナや旧市街)まで行く際、メジャーな方法としてはタクシーがあります。しかし、市内までのタクシーは1台35CUC(以前は25CUCでしたが、2020年3月現在、値上がりしています)。キューバの物価から考えると、非常に高値であるといえます。
そこで、今回はローカルバスで市内へ行く方法をご紹介します!ローカルバスを使えば、なんと0.5CUP(日本円で約2円!)で市内へ行くことができます(笑)

最初に、ローカルバスは基本キューバ人用通貨CUP(ペソ)で支払いをするので、CUPを手に入れましょう(ローカルバスの料金が0.5CUPなので、1CUPで支払うのが理想)。
空港を出たところに両替所があり、まずはそこで日本円やユーロから外国人用通貨CUC(クック)に両替します。そして、両替したCUCのうち、いくらかをCUPに変えてくれるように頼んでみます(10CUC〜20CUC=1,000円〜2,000円ほど替えればOKかと思います)。ただし、タイミング次第ではCUPが両替所にない場合もあります…。その際はローカルバスでは外国人用通貨CUCの最小単位(=1CUC)で支払うようにしましょう。お釣りが返ってこないと思いますが、それでも95円ほどの損で済みます。
上記を要約すると、① 両替所で日本円から外国人用通貨CUCに両替 ② CUCのうち、10CUC〜20CUCほどをCUPに両替
③ ②がNGだった場合、①で得たCUCを少額のCUCに替えてもらう(例,20CUC札を、1CUC札5枚と5CUC札3枚に替えてもらう)となります。

両替が済んだら、バス停へ向かいます。以下、バス停までの道のりを紹介します。
※バス停までは25分ほど歩きます。

①空港を背にまっすぐ進み、大通りを渡ります。

②大通りを突っ切り、線路に出たら右にひたすらまっすぐ

③十字路に出るが、ひたすら進行方向へまっすぐ進みます。

④空港第1ターミナルを右手にまっすぐ進みます。

⑤突き当たりを左にまっすぐ進みます。

⑥奥に看板が見えて来たら、突き当たりまで行かずに、手前で左に曲がります。

⑦ひたすらまっすぐ進みます。

⑧バス停が見えたらP12のバスに乗ります。前方から乗車し、乗車する際にお金を渡します。所要時間は40分ほどです。

⑨終点(中華街入り口)で降ります。

これで市内へ辿り着きました。⑨からであれば、そこからすぐに旧市街や日本人に有名なホアキナの家、シオマラの家にアクセスできます。空港へバスで行きたい方は、逆に⑨のバス停からP12番に乗り、⑧で降りて空港まで歩けばOKです!

バス停まで行くのは確かに大変ですが、後で市内に出てキューバの物価を体感すると、「タクシーって高いんだな(汗)」というのが分かるかと思います!なので、ローカルバスまで苦労する価値はあるかと思います!余裕のある方は是非ともチャレンジしてみてください!